スプリング☆フィーバー

呑むか食べるか萌えてるか、、常にココロは春?な戯言たち。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

佐野元春&HKBライブ

2008/02/23 21:37 ジャンル: Category:佐橋さん
TB(0) | CM(0) Edit

先日友人にこんなことを言われました。

「フミヤだけじゃなくって、サポートのミュージシャンまで観に行っちゃうわけ??」

そう。行っちゃう子になってしまいました。とうとうこんなレベルまで来ましたか(笑)

ということで、
佐野元春&THE HOBO KING BAND“Sweet Soul Blue Beat”ツアー@神奈川県民ホールに行ってきました。

佐野さんの曲まったくといっていいほど知らないのに何たるチャレンジャー。
お目当ては言わずもがな、HKBの佐橋さん( ̄∀ ̄*)イヒッ
THE HOBO KING BANDは、藤井さんでいえばRAWGUNS。

佐野さんで思いつく曲は“約束の橋”ですけど、それもドラマでちょっと耳にした程度で10何年と経った今はもうサビさえも思い出せない有様でして、“アンジェリーナ”が共鳴野郎ライブの映像で目にしてるので何とかといったところ。
あとはジャケットに佐橋さんが載ってたという理由でゲットしていた(笑)アルバム“THE BARN”、私の手持ちアイテムはこれだけ。

基本ネタバレ回避派ですが、さすがにセットリストを見て予習しようと思うも、アルバム多いしもういいやその場のノリで何とかならぁ!佐橋さん見れればいいんだし!!と、佐野さんファンに叱られそうなノリでいざカナケンへ。

客層の男女比8:2くらい?女性2のうち1は旦那or恋人の連れと思われる。フミヤライブとは逆ですなー。
とはいえ、一人参加の女性もポツポツとみられるため別段ひとりで浮いてる感じもせず。
いつもは行列になるトイレがすんなり入れてとっても楽チン(笑)

パンフくらいは買ってもいいかな~と思ったけど行列出来てるんでやめ。
もらったチラシの中に通販用紙が入ってたし。5月いっぱいまで申し込めるし。
こういう時通販はありがたいよなぁ~藤井さんとこも商売上手になって欲しいものですよ(笑)

席は1階後方とはいえ寸分狂いないど真ん中。
前の席の人がパンフを開いてて、ちょうどHBKのページだったもんで佐橋さんのところをこっそり、でもしっかりガン見(笑)
モノクロで横顔だったんだけどいい感じだった♪
またその人お連れさんとホボキンのページを開いたままあれこれと長く語ってらした為、実にたっぷり堪能することが出来ました。これでパンフ買わなくてもよいです(笑)

10分押しくらいで開演するとセンター中央のスクリーンに映像が映し出される。
古い映画館。埃を被ったフイルム缶。上映開始を告げるブザー音。客電の操作レバーが引かれるとともにホール内の客電もすっと暗くなっていき・・・
スクリーンの中の佐野さんと電子ピアノがふっと消えたと同時にステージ上に同じ形で浮かび上がる、粋な演出に早くも心を掴まれる。

そのまま弾き語りでグッドタイムス&バッドタイムス。
佐野さんだけの弾き語りかと思っていたらホボキンも既にスタンバイしていて、佐橋さんはお馴染みのステージ向かって右の位置。
照明が暗めでまだはっきり顔までは見えないけれど、そこに居るってだけでもうドッキドキ(>▽<)♪

右も左もわからず、佐橋さんだけが頼りのこのライブ(笑)

とはいえ、曲知らなくても全く問題ナシ。ああこれいいなーと思う曲たくさんあったしこれもライブマジックゆえなのか。
あと思ったのはライブがダレないのだなぁ。
MCもダラダラ話すことがなくて、フミヤライブでのまったり感に慣れきってるからそう感じられるのかもしれないけれど、佐野さんの話す言葉がビシビシっと的確に、でも心にすっと入り込んでくる。

“SOMEDAY”を歌う前の
「10代には10代のいつかきっと、20代には20代のいつかきっと、30代40代・・それぞれのいつかきっとがある」
とか
「家やお金なんて遺さなくたっていい。次の世代には希望を遺していきたい」
とか。一歩引いたらちょっとキザに感じるかもしれないけども、ライブでは多少のキザは良いと思ってます。キザ上等!
でも先月行ったせっちゃんみたいな歌ってる時とMCのギャップが違う感じも好き(笑)

また最初のMCで
「ちょっとおめかししてきてくれてありがとう」
とさり気なく、ほんとさり気なくさらっと言ったんですがこれイイ!“ちょっと”というのがまたナイス。
藤井さんもコレ言ったらFFのハート鷲掴み間違いなしよ!!(笑)

今回は佐野さんのスタート地点である横浜、ファンにとっちゃいわば聖地といえる場所なわけで、初めてのTV出演はテレビ神奈川だったとか、ライブはサンドイッチ屋さんでだったとか(元町にある“舶来屋”というお店らしい)
横浜のホテルに泊まって、部屋の窓から観覧車を見て“観覧車の夜”を作った、とか長くは語らないけれど佐野さんの思い入れの深さが伝わってくる。

ちょっと話がそれそうに?なると、
「言いたいポイントはそこじゃないんだ」というのがツボでした。なんかかわいい(笑)
小田さんの番組「クリスマスの約束」で“SOMEDAY”を歌った時に、
「小田さんは僕よりも10歳年上なのに、声が・・・高い!」というや間髪いれずに

「あ、これから話したいポイントはそこじゃないんだ」
ですもん。え!?みたいな(笑)

そんなこと言ったら藤井さんなんかどうすんですか。ポイントずれるは明後日の方向へ行ったまま帰って来ないわで(笑)
ここんとこは佐橋さんの突っ込みで軌道修正されますけど。ってそんなん書いたらRAWGUNSが恋しくなるー!
佐橋さんの社長さんだし小田さん話は嬉しかったわぁ。

あ、今書きながらそのクリスマスの約束を再生したら(レコーダーに残したままだったので。残しておくもんだ(笑))前述のいつかきっと話をここでもされてました♪

アルバム「THE BARN」からは3曲。
「恋人が出来ると一週間ってなんで7日しかないんだろうって思わないかい?そんなことを思って作った曲です」と始まった「7日じゃ足りない」。
ちょっとだけど佐橋さんがメインで歌うところがあって、ぎゃわー!心の準備がっ!心臓飛び出るかと思った!!
「ヤングフォーエバー」がなくてショック。それもあとでセットリスト知るまで気づかなくてやったものと思ってたもんだから余計に(笑)初日の伊勢原はやったのにー!NHKでは是非!!

あとどの曲か忘れちゃったけど、キーボードのDr.kyOnさんがギターを弾くのがあって、格好よかったわ~~しかしkyOnさんがギター持つとギターが小さく見える(笑)
佐橋さんと絡むところでは「ダージリンだぁーー!!」と狂喜してたり(笑)

※ダージリンとは共鳴野郎という番組でのユニット名です。


まだまだつづくーーー

スポンサーサイト

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

画像日記

2017~参加予定・記録
'17~
0416 ザ グレートロックンロール 関ケ原2017
@幕張メッセ
0417 髑髏城(花)
0504 秦基博 @横浜スタジアム
0520 LINDBERG @O-East
0521 シンフォニックコンサート @上野
0616 高円寺クイズ(1)
0722 高円寺クイズ(2)
0812 本日のおすすめ
0813 トークライブ?
0820 髑髏城(鳥)
0917 F-BLOOD @東京
1015 F-BLOOD @鹿児島
1231 たぶん武道館w



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。