FC2ブログ

スプリング☆フィーバー

呑むか食べるか萌えてるか、、常にココロは春?な戯言たち。

Party 03@アクトシティ浜松〈3〉

2003/06/28 23:34 ジャンル: Category:FFライブレポート
TB(0) | CM(0) Edit

【楽屋編】

これまた長いので読む際は御覚悟を(笑)
スタッフの案内で部屋に通された後、「しばらくお待ち下さい」とアルバムをかけていってから退出。
入れ替わりにマネージャーさんが来て写真を撮る順番などを説明。
「今シャワー浴びてると思うのでまだ10分はかかると思います。しばらくお待ち下さい。」と言って出て行った。

10分かぁ・・・余裕があるな、大丈夫と思った私は化粧直しを始めた。
流れる曲が耳に入ってるような入ってないような・・胸がドキドキしつつも緊張してわけわかんなくなったらおしまいだ、とかなり自分を落ち着かせていた。

まだ来ない。Good dayが終わって a song for youになる。
テーブルにはフミヤ君側に氷入りのコップ、私達のプロフィールが書かれた用紙とサイン用のペン。
私達側にオレンジジュース入りのコップが3つ。中央にはお菓子の入った皿がおかれていた。

私を含めて3人とも静岡県人。I東・S岡・I田ときれーいに東部・中部・西部という組み合わせだった。(静岡は横に広い県なのですよ)リハ前に撮ったポラの位置通りに左からぴんくみ・♂FF・♀FF。
そういえばリハ前に撮ったポラが置かれていない。。てっきりフミヤ君が我々の顔と名前が一致するように写真がおかれてるものだと思ったのだが・・・ホントに掲載されてしまうのだろうか??だから置いてないのか!?

3人とも今日のライブ席は3階。プロフィールを見ながら雑談したりする。
が、刻一刻と時が過ぎ会話をしている余裕もなくなってきた。
ここでベラベラしゃべってたら肝心のフミヤ君が来た時に何も言い出せなくなりそうで深呼吸を何回も繰り返し、とにかく笑顔・笑顔で楽しくお話するんだを自分に言い聞かせていた。

かかっているアルバムが終盤に差し掛かってもまだ来る気配がない。
氷入りのコップの溶けた水が少しずつ増えていく。
「この水飲んじゃおうか!?」と♂FFが言い出して、「間接キスになっちゃうじゃん」とボソッとつぶやく私。
でもこのコップにビール注いだら薄まってあんまりおいしくないんじゃ?といらぬ心配などしてみた。

はぁ・・・頭の中でいっその事238ツアーみたいにこの目の前の椅子からニューッと出てくればいいのに・・・などどおバカな事を考え出したりして、過去のライブの登場シーンを回想してたりした。

BOY'S HEARTが終わったくらいに、コンコン!とドアノックがしてマネージャーさん、続いてフミヤ君が氷入りのコップと黒ラベルを手に「ヨウッ!」ってな感じで入ってきた。
あまりに自然で普通だったから(普通じゃない登場ってのもなんだろな?と今書いてて思ったが)びっくりする間も緊張する間もなかった。とにかく、フミヤ君だ・・・だけ。

フミヤ君は椅子に腰掛けながら私達をぐるりと見渡し、黒ラベルをプシュッ!と開けてあっという間にコップの半分強注いでしまった。
友達のレポでは少しずつお酌するとあったのでそれを期待していた私は「あれ?えっ?えっ??」とフミヤ君とビールを見つめてしまった。でも考えてみればテーブルが大きくてお酌するにはちょっと遠かったかな~?

ビール対オレンジジュースで乾杯した後、「じゃあ写真撮るか!」
撮影用の椅子から近い私がトップバッター。
フミヤ君が左側、私は右。腰掛けた時にフミヤ君の右腕と自分の左腕が密着しドキドキ度MAX!!ずっとこうしていたい願いはむなしく「はい、いきまーす」とマネージャーさんがあっという間に撮ってしまった。ありがとうございました~と言って席に戻る。残り二人の撮影を見ていた。と、三人目の♀FFの時にポラが切れてしまい失敗。
「お~い、これで無かったら泣くぜぇ~」とフミヤ君。(以下F)ポラを入れ替えてる間、いいなぁ~少しでも長く近くにいれて・・・羨望の眼差しでフミヤ君を見る。
すると、フミヤ君が私を見て、F「どこから来たの?」と。P(ぴんくみのPね)「えっと・・東部の・・・I豆、I東です」
F「えっI東?I東かぁ~!」納得したようにしみじみ言うフミヤ君。
伊東がわかってくれたことにガッツポーズ取りたくなった私。3人目の撮影も終え、椅子に座りながら
「温泉だよねあの辺は。A海も近いし。」など話してくれる。私はもう初会話に舞い上がってしまって「えぇ、温泉ですね、近いですね、A海の隣ですし。」と言われた事をそのまま復唱してる風になってしまった(^^;)プロフィールに書いてある名前を確認して撮ったポラにサインを書き出すフミヤ君。

F「クミコ。」
P「はいっ」(〃ω〃) キャァ♪名前呼ばれたぁ~♪
皆沈黙してペンを走らせるフミヤ君を見つめる。確か話しかけてもいいと聞いていたけど話しかけたら字を間違えたりしないだろうか・・・なんて思ってすぐ、マネージャーさんが“ドンドン話しかけて下さいよ~”的ジェスチャーをする。
意を決して私が「あのフミヤさん、どうしていつも黒ラベルなんですか?」言っちゃったよ・・酒ネタ。本当はタモリさんのストラップはつけましたか?にしようかと思ってたんだけど、それはライブ中のMCで本人が話してしまったのでねぇ~。。

F「おお~!(なんか嬉しそうに)これね、俺が昔ビールのCMやったの知ってる?」
P「クラッシック生ですかね?」
F「いや、あれは地域限定だから・・・もっと前に。。あのね、一番最初に出たビールのCMが黒ラベルだったんだよ、確か。それから真面目にこればかりずーっと呑んでるってわけ。」
P「その前は何呑んでたんですか?」F「うーーん・・キリンかなぁ・・まぁ何でもいいんだけどね(笑)」
P「そうですよね、おいしければねぇ。」
なーんて会話してる最中、私の先ほどの予感がいけなかったのかフミヤ君、♂FFの名前の一文字を書いた途端に手が止まる。
うーん・・・と写真を見た後、これはあーとでっ、ってな感じで横にやり先に3人目の方のポラにサインをし始めた。どうやら間違えてしまったみたい(本当は“M”なのだが“H”になってた)上からなぞって全体的に字を太くして何とか無事記入終了。

写真を手渡された時に握手。私は両手で握手したんだけどフミヤ君の手の感触・・・覚えてないんだよねぇ。。。いっぱいいっぱいで。でも温かい手だったと思う。
握手の瞬間、フミヤ君が私の手を見て、ェ・)ジッ「手ぇ白いなぁ~」と言った。つぶやくような感じで言ったので私は一瞬“えっ!?”と空耳かと感じたんだけど、でも言った。確かに言った!嬉しかった~。この握手の為に手のパックしてきた甲斐があったなぁ~←そんなことをしてたら電車に乗り遅れたんだけど(笑)

順に写真を渡していったんだけど、♀FFが受け取る時に前にあったコップを倒してしまうハプニング発生!ギリギリ写真にかからずに済んだのだけど本人は大慌て。

フミヤ君がすかさず「そのまま動くなよっ」でも彼女は申し訳なさからじっとはしてられずに、バッグからティッシュを取り出しテーブルを拭きだす。私達はテーブルクロスの端を持って床にジュースがこぼれないようにしていた。尚も拭こうとする彼女にフミヤ君が「大丈夫だから。ほら、(ティッシュないと)ウ○コしたくなった時困るゾ!」
フミヤ君、ウ○コって・・・柱| ̄m ̄) ウププッ 心の中で吹き出してたけど緊張している中では笑うに笑えない。
マネージャーさんがタオルを持ってきて拭き、一件落着。こぼした位置には彼女を座らせずに少しフミヤ君側に椅子を移動。ちょっとフミヤ君との距離が近くなっていいなぁ~と思ったりする。

落ち着いたところで♂FFに「仕事は何してるの?」とフミヤ君。同じように♀FFにも質問。二人の受け答えはほとんど覚えてません(^▽^;)ハハ・・自分の事で精一杯。
♀FFに「大変だろ?」とか言ってた気がする。。

F「クミコは仕事何してる?」
P「データ入力の仕事です。住民票ありますよね?あの内容を入力する仕事です」
F「ああ、パンチャーね。じゃあ(キーボード打つ仕草をしながら)BBSとかよく行く?」
P「はい、時々カキコします。でも今停止中で・・・見れないからちょっと残念です。わかっててもいつもの習慣でBBSについ行っちゃうんですよ。」
BBSの話題に持ってかれるとは思ってなかったので、どうも受け答えがしどろもどろしてしまい、自分は何がいいたいんじゃ~と心の中で焦る。文章にするとちゃんとしゃべってるように見えるけど、実際はかなり変なしゃべり方になってたんじゃないかな。。。

F「皆独身?」
♂FF「独身です。彼女はいますけど」
P「独身です」
♀FF「独身ですけど・・5月に結婚します」
F「えっ?5月?5月ってもうした・・・んじゃないよね?来年の5月?まだ先だなぁ~。まっおめでとう!これから頑張れよっ!まだ何があるかわかんないからな~」としばし結婚話に花咲く。また間があいたので、

P「またお酒がらみの話なんですけど、ウコンもだいぶ前から飲んでるんですか?」
F「飲んでるねぇ」
P「今日この後ホテルで友達と呑むんですけど、その時にウコン飲もうと思ってるんです」
F「ホテルで呑むんだ?」
P「はい。友達が遠方から・・・熊本から来てるんで一緒に泊まることになってて。」
F「熊本!?そりゃずいぶん遠いねぇ~」
P「フミヤさん、今日キャロルの曲やったじゃないですか。嬉しかったんですよ。この前のキャロルライブで完全に終わりなのかなって思ってたので。」
F「そうね~。ライブに来れなかった子もいるだろうから嬉しいかもね。」
P「それで4月に野音に行ったんですけど友達がキャロルファンの人に同じ仲間だと勘違いされたんですよ。もう格好も革ジャンに革パンだったんで。で、野音にもバイクで来たんですよ」
F「へぇ~!?バイクで??友達はどこから来たの?」
P「埼玉と群馬です」
F「ほ~」
P「で、そのバイクで私も後ろに乗っけてもらって日比谷の周りをぐるっと一周したんです。そしたらその後にキャロルな人も同じようにバイクで周り出して・・なんか最後にはその人と親しくなったみたいですけど」
F「そぉ~なんだぁ~。すごいねぇ!友達の幅広いねぇ~」
P「そうですか?でもちょっと前までは私ライブに一人で行ってて周りにFFな友達いなかったんですよ。ホント、BBSのおかげでいろんな人と知り合えたんです。」
F「そうかぁ~」

・・・とここでマネージャーさんが「そろそろ・・・」と切り出す。
フミヤ君、「また会おうなっ。」私はこの言葉がすごく心に響いた。今でも頭の中でリフレインしている。これで終わりじゃない。また絶対会いたいと思った。
会う前はフミヤ君に会えるだけで十分、と思ってたのに。次のライブで会うのがすごく楽しみになった。
マネージャーさんが「プレゼントとかあったらどうぞ渡してください」と言って、先に♂FFが手紙と腕につけていたブレスレットをはずしてブレスレットの事を説明しながら手渡していた。
そして私。手渡そうとするとマネージャーさんが慌てて私の前にあったコップをどかした。コップの存在をすっかり忘れていて私まで倒してしまうところだった。危ない危ない。

フミヤ君「ありがとうっ」と2回目の握手♪
P「フミヤさん、これ静岡の地酒なんです。静岡のお酒もおいしいんですよ」
F「へぇ~、静岡のもおいしいのがあるんだ?」
P「そうなんですよ。ここ・・浜松だと有名なのが花の舞ですね。駅行くと看板とか大きく出てますよ。自分が結構日本酒好きなので・・・」
F「呑めそうだもんなぁ~。赤くなったりしない?その白い肌じゃあ」
P「いや、それがそんなに変わらないって言われるんですよ。(頬に手をやって)この辺とかは赤くなったりするんですけど、でも呑めそうって言われる事って珍しいです。だいたい一杯呑んだらぶっ倒れそうな感じに見られるんですよ。」
いや、ほんと私は大概呑めなさそうに見られるのです。フミヤ君に言われたのが初めてかも!?ってくらい。
酒飲みとして同じ空気を感じたのかそれともあまりに私が酒話ばかりしてたからか!?_( ̄▽ ̄)ノ彡☆ばんばん!

F「そうか。それじゃ・・・(ドアから出て行く時に)じゃあなっ!」
P「ありがとうございましたっ」

来た時も去った時もあっという間でした。フミヤ君の姿が見えなくなったと同時に“あぁぁ~~!!会員証!!!”会員証の事を思い出したのです。
サインしてくれるって話を聞いていたんだけど、フミヤ君も言い出さなかったし私も忘れていた。。。テーブルの上に出しておくべきだった・・・o(TヘTo) クゥ
写真を撮ってトークもしてこれ以上何を贅沢な!?とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、でもショックだったのだ。あとテーブルにあったお菓子もフミヤ君が「おみやげっ」と渡してくれるらしいのだが、それもなかった。まぁこれは仕方ないでしょう。今思えば初日だったせいもあってかあんまり余裕がなかったような気もする。

楽屋の時のフミヤ君の格好はリハと同じでした。胸にはおなじみの鍵ネックレス。MCの時ローヤルゼリー飲んで肌荒れちゃってさぁ~なんて言ってたけどきれいな顔だったよ~。確かに本人も言ってた通りホクロは多いなぁと思ったけど。もちろん、顔は小さし。目を伏せた時にまつげがすごーーく長くてきれいだなぁ~セクシーだなぁ~とすごくドキッとさせられたのが印象的。ハート打ち抜かれたよ。。

10年以上憧れ続けてた人だし、会う前はもっとキラキラしていて私らとは違うオーラ放ってるのかなぁ~と想像していたのだけど、実際はそうでもなく普通だった。でもこれっていい意味で飾ってなくて自然体な人なんだと思う。そういうさりげなさがかっこいい、と思った。

しかし・・・私ってばかなりしゃべってますなぁ。。。自分でもびっくりです。
楽屋の説明時に「話す順番とか決めておいた方がいいかもしれませんよ」とマネージャーさんに言われたのだけど、「たぶん順番決めても本人目の前にしたら訳わからなくなると思います」なんて・・今思えば生意気なことを抜かしたものだわ。。(^^;)
一応どうする?と3人で話してプロフィールの順番どおりに私から、ということになったのだけど、ひょっとしたら他の二人の話す機会も奪っちゃったかなぁ・・と今になって思う。あれこれ考えても仕方がないのだけど、もしそうだったら申し訳なかったです。<(_ _)>
けど本当、楽屋は“話したモン勝ち”です。このレポを読んだあなたが次回幸運に恵まれたら、着ていく洋服やプレゼントとかもそうだけれどまずとにかく話したい事をたくさん考えていく事をお勧めします。

こんなに長いレポを読んでいただきありがとうございました<(_ _)>今思い出すとホント夢のよう。
他の皆さんにもいつかこの幸運が訪れることを・・・
スポンサーサイト




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL

画像日記

2017~参加予定・記録
'17~
0416 ザ グレートロックンロール 関ケ原2017
@幕張メッセ
0417 髑髏城(花)
0504 秦基博 @横浜スタジアム
0520 LINDBERG @O-East
0521 シンフォニックコンサート @上野
0616 高円寺クイズ(1)
0722 高円寺クイズ(2)
0812 本日のおすすめ @豊洲
0813 トークライブ @虎ノ門
0819 女だらけのクイズ大会 @荏原
0820 髑髏城(鳥)
0908 高円寺クイズ(3)
0917 F-BLOOD @東京
1008 14回UQトークライブ @渋谷
1015 F-BLOOD @鹿児島
1231 フミヤ @武道館