スプリング☆フィーバー

呑むか食べるか萌えてるか、、常にココロは春?な戯言たち。

スポンサーサイト

--/--/-- --:-- ジャンル: Category:スポンサー広告
TB(-) | CM(-)Edit

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックバトン

2005/11/03 00:00 ジャンル: Category:
TB(0) | CM(0) Edit

1.Total volume of comic on my Bookshelf(本棚に入ってる漫画単行本の冊数)

推定で150冊は超えてるかなーと・・・。

いちいち数えるのも今は面倒なくらい納まってるってことでご勘弁いただきたく。

その本棚の隣にはゆうパック箱4箱に渡るマンガ本も収まってます。

全体でどれくらいあるんでしょうね・・・

部屋にある漫画・書籍・雑誌を全部始末したら、すごくすっきりするでしょうね~。


2.Comic thought to be interesting now(今面白い漫画)

ラブ★コン (11) (マーガレットコミックス (3877))

ラブ★コン (11) (マーガレットコミックス (3877))

  • 作者: 中原アヤ
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2005/07/25
  • メディア: コミック

絵もさることながら、関西弁で繰り広げられる恋愛漫画の物珍しさに魅かれて現在ガチはまり。笑いどころも満載ながら、描かれるキャラはどれも魅力があって好き。なんといっても、服のセンスが素晴らしい!カラーイラストも素敵勢ぞろいで、ポーズとかちょこちょこネタをお借りしちゃってます。

桜蘭高校ホスト部(クラブ) (6) (花とゆめCOMICS)

桜蘭高校ホスト部(クラブ) (6) (花とゆめCOMICS)

美少年達が活動するホストクラブ・・・乙女が夢見るいい男ぞろいのキャラの割に、こってこての少女漫画になってないのがよい。(そもそも苦手だ)コメディーたっぷりで、お金持ちって結構お馬鹿なことも真面目に、嬉々としてやっちゃう生き物なのかも・・・と、思ってしまいます。

クールな主人公、ハルヒのさっぱり、でも女の子モードは超かわゆいキャラが好き。話が進むに連れて可愛さに磨きがかかってきてるなー。

金色のガッシュベル!!4コマスペシャル (てんとう虫コミックス)

金色のガッシュベル!!4コマスペシャル (てんとう虫コミックス)

  • 作者: 雷句誠
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/07/28
  • メディア: コミック

ガイドブックとかいっぱいで、普通のコミックのリンクがなかったんですけど。。探すの面倒なのでこれで代用。

子供向けかな~と思いきや、この漫画はあなどれない。笑いと感動が絶妙なバランスでミックスされています。こんなに馬鹿笑いし、こんなにも泣かされたのは初めてかもしれない。ガッシュがいじらしく可愛すぎる!ガッシュのような心を持った子がたくさんいてくれたらいいのに。

PLUTO (2) ビッグコミックス

PLUTO (2) ビッグコミックス

あえてコメントせずとも。浦沢先生の物語は毎度うなってしまいます。面白いとおもう漫画はたくさんあれども、心から凄い!と唸る漫画はなかなかないのでは。手塚先生は言わずもがなですが。

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))

ボクを包む月の光―ぼく地球次世代編 (1) (花とゆめCOMICS (2801))

  • 作者: 日渡早紀
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2005/06/17
  • メディア: コミック

“ぼく地球”の次世代ストーリー。日渡先生のイラストは問答無用で大好きです。パステル画が特に!

V・B・ローズ (1) (花とゆめCOMICS (2666))

V・B・ローズ (1) (花とゆめCOMICS (2666))

  • 作者: 日高万里
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2004/08/19
  • メディア: コミック

花ゆめを読む時、まっさきにコレを読むんで追加。

しばらく日高作品は冷めていたんですが、この作品で秋吉シリーズの零君が登場ってことでポイント急上昇。それにしても、こんな美男美女のキャラばかりそろってるところは少々現実離れしてるような気が(笑)


3.The last comic I bought (最後に買った漫画)

ホットギミック 12 (12) (フラワーコミックス)

ホットギミック 12 (12) (フラワーコミックス)

  • 作者: 相原実貴
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2005/10/26
  • メディア: コミック

最終巻。個人的に終わりに近づくに連れて、結構冷めてきたところがあったかな。。

優柔不断というか、すーぐあっちへこっちへ流される主人公:初(はつみ)にイライラしてくるんですよ。。。

ちなみにこのバトンが回ってきた時は、この11巻を買ったばかりでした(笑)


4.Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me (よく読む、または特別な思い入れのある5つの漫画)

あした天気になあれ―全英オープン編 (1) (ホーム社漫画文庫)

あした天気になあれ―全英オープン編 (1) (ホーム社漫画文庫)

あしたのジョーの作者によるゴルフ漫画。

物心ついてから読んだ漫画の中では最古にあたるものかも。ゴルフ好きの兄が持ってて、私のゴルフ知識は(実際やったことは少ないけど)ここから得ました。よく庭で空き缶生めてパットゴルフして遊んだものです。

常識外のスーパープレイをする太陽が凄い。連載スタート時は大柄のおデブちゃんだったのに、段々小柄になっていく太陽の身体は、美味しんぼの山岡さんに匹敵するくらい不思議箇所(笑)

美味しんぼ (92) (ビッグコミックス)

美味しんぼ (92) (ビッグコミックス)

私にとっての食の聖書ですね。たくさん影響受けました。輸入レモンが危険というのもニュースではなく、この本で知ったことだし。この頃は食の話よりかは山岡・栗田夫妻の双子ちゃんの成長とそれにどう雄山が絡んでいくかに楽しみを見出してます。

しかしこの親子、仲悪い割に、雄山は干渉しすぎだよなー。結局愛情の裏返し、息子がかわいくてたまらないんだろうなー。

現実にありえんだろ、って突っ込みドコロ満載の東西新聞社の個性的キャラも凄し。公私混同社主に局長、泥酔して毎度問題起こす副部長やら有無を言わせないお局女性の面々。案外このメンツの中で涼しい顔でいられる谷村部長が一番のツワモノかもしれない(笑)

風のマリオ (1) (講談社漫画文庫)

風のマリオ (1) (講談社漫画文庫)

知ってる人あんまりいないだろうなー。コミックの発刊日見てびっくり。もう18年前。文庫化してたのは知らなんだ。これ、Dr.コトー診療所の作者の作品なんですよー。見た時びっくりしました。このマリオとか、他にも美術関連の漫画を描いてた記憶はあるんですが、まさか医療ものも、それも自分の知らない間にビックヒットしてて本当に驚きでした。

この本だけは、ずーーと持ってるんですよね。

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (8)

ぼくの地球を守って―愛蔵版 (8)

  • 作者: 日渡早紀
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2004/08/27
  • メディア: コミック

気がつけば既に人生の半分以上の年月、花とゆめを購読し続けている自分。

そのきっかけとなった作品です。前世と現世の記憶と人間関係を絡めながらスケールの大きい作品に仕上げられている。連載初期はかなりギャク・・というか作者の趣味全開でしたけどねー(笑)

私の少年好きの原点は、ひょっとしたら輪君にあるんじゃないか、なんて思うくらいにはまったなぁ(笑)

紅茶王子 (25) 花とゆめCOMICS

紅茶王子 (25) 花とゆめCOMICS

  • 作者: 山田南平
  • 出版社/メーカー: 白泉社
  • 発売日: 2004/10/19
  • メディア: コミック

これを読んでどっぷり紅茶にはまってた時がありました。葉の紅茶を正しく淹れるようになったのは南平先生のおかげですよ(笑)レシピエにも(現在店名変わりましたねぇ)にもよく行ったし。

久美子&真吾シリーズから好きだったんですが、この作品のチビキャラはもう本当に可愛くてたまらない!!


とりあえずこれくらいにしぼったけれど、他にも挙げればキリがないほどに。

Dr.スランプとか(DBも凄いけど鳥山作品はこっちが好き)キン肉マンとか(兄とキン消しでどれくらいバトルしたことか)BASARAとか(更紗って名前自分の子供につけたいなーと思ったくらい)みゆきとかタッチとか・・(あだち充作品の醍醐味は、何年経とうと皆同じようなキャラにある、と。)


5.Five people to whom I'm passing the baton (バトンを渡す5名)

5人もいないなー・・直ちゃん、なるしゃん、彩琉さんってところで。

ダブってたらごめんなさいっ。

そしてバトンを回してくれたばんりちゃん、大変に遅くなってごめんなさいでした!

スポンサーサイト

本日のBGM

2005/08/12 00:00 ジャンル: Category:
TB(0) | CM(0) Edit

もう世間では盆休みのところもあるんですねぇ。

盆休みというものを経験したことない@暦通りの休暇なので、帰省ラッシュも毎度ふーんという感じで右から左へ。

新幹線で何時間も立つのは嫌だなぁ~~とだけ思ったり。でも昔に比べて乗車率下がったよねぇ。以前は180%とかいってた気がする。180%・・どんな状態なんでしょ。下北から渋谷までの井の頭線状態よりはまだマシ?

地元を一度も出た事ないくせに、お盆と聞いて何かノスタルジックな気分になり、学生時代に聞いてた音楽が無性に恋しくなってきました。一年以上は開けてなかったCDボックスの中から、まず一発目はこのアルバム。

気分としては、今一番聞きたいのは『センチメンタルカンガルー』なんですけれどねぇ。

西武ドームのラスト公演も終わってしまいましたね。どうだったのか、ステ様の牛日記を楽しみに待ってるんですけどねぇ。ラスト曲が『夏が来た!』という記事を読んで、確かにここで唄われるべき!と思いました。

ぬぅぉ~~~マイレボってこんなに声かわいかったっけぇ~~~????ま、当時の年齢考えたらかわいくって当たり前でしょうけど、ぬぅ~みさっちゃん可愛いですよぉ。

あとこのアルバムのラストの『10 years』。これ歌詞が絶品です。

よく聞いてた頃は、10年の速さなんて実感湧かなかったのに、今はすごく沁みますね。


さて、この後誰にしようかな。リンドバーグで責めるかピチカートにいくか。

男性よりは女性の声を欲してる。でもレボレボのアルバム見たらちょっとグッと来た(笑)

レボレボといえばコレ!なサマーソング(タイトルすっかり忘却)がグルグルしてきたぁ~~(笑)

はまぞうがあるじゃん!てなことで探した。HIGH PRESSUREだっ!!!なっつかし~~♪♪

次はレボレボいきます(笑)


久々図書館行って来た。

2005/07/20 00:00 ジャンル: Category:
TB(0) | CM(1) Edit

『吾輩は猫である』を借りたかったので。

先日のブックオフめぐりの時に『夢十夜』とともに買ってもよかったんだけど、

日常にPCが登場してからはほとんど本を読み返すことがなくなってしまったので、

それではもったいない。なのでやはりここは図書館を大いに利用すべし、と。


ということで帰宅途中に寄り道。図書館冷房効きすぎ。役所では温度管理が徹底されてるというのに。


で、借りてきた書物はこれら。


吾輩は猫である〈上〉 (集英社文庫)

吾輩は猫である〈上〉 (集英社文庫)

吾輩は猫である〈下〉 (集英社文庫)

吾輩は猫である〈下〉 (集英社文庫)

バッテリー (角川文庫)

バッテリー (角川文庫)

LAST

LAST

新人だった!

新人だった!

母が投薬により一日入院してていないのをいいことに、帰宅してさっさと風呂済ませてから、トリビア始まるまで原田氏のをずーーーっと読み耽っていました。今夜中に読み終わりそう。

夕食も食べてまへん。母の部屋にあったビスケット(後から袋見たら賞味期限切れてた)食べたら作るのが面倒くさくなって、ヨーグルトを食べておしまい。

いかんよこういうのは。でもしっかり食べたら眠くなりそうで嫌だったのだ。

あーー原田氏やっぱり面白い!好きだ。未だに小説は読んでいないけど(笑)

池袋ウエストゲートパークシリーズがもう?まで出てるとは知らなかった。

電車男やうぶめの夏も借りたかったけれど、やっぱり貸し出し中。

しばらく図書館通いが続きそうです。


角川文庫のブックカバー@スヌーピーが欲しい。

三谷さんの対談と新選組血風録にしようかな。


画像日記

2017~参加予定・記録
'17~
0416 ザ グレートロックンロール 関ケ原2017
@幕張メッセ
0417 髑髏城(花)
0504 秦基博 @横浜スタジアム
0520 LINDBERG @O-East
0521 シンフォニックコンサート @上野
0616 高円寺クイズ(1)
0722 高円寺クイズ(2)
0812 本日のおすすめ @豊洲
0813 トークライブ @虎ノ門
0819 女だらけのクイズ大会 @荏原
0820 髑髏城(鳥)
0908 高円寺クイズ(3)
0917 F-BLOOD @東京
1008 14回UQトークライブ @渋谷
1015 F-BLOOD @鹿児島
1231 フミヤ @武道館



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。